Nagasaki Prefectual Institute of Fisheries 長崎県総合水産試験場 愛称:マリンラボ長崎

 トップページ総合水産試験場事業報告・研究報告>長崎県水産試験場研究報告 第24号(平成10年3月)目次 サイトマップ

施設紹介
情報サービス
ニュース
試験研究評価システム
漁海況情報
各種申請書等
魚の開き方教室
事業報告・研究報告
マムパーク

長崎県総合水産試験場携帯情報
こちらのQRコードをバーコードリーダー機能付きの携帯で撮影すると携帯サイトへジャンプします。
対応できない機種もございますので、ご了承ください。
 
研究報告

 このコーナーでは、総合水産試験場(マリンラボ長崎)からの研究報告をいたします。 データはPDFファイルとなっています。

これらのデータは無償のAcrobatReader(ダウンロードはこちらから)で利用することが可能です。

第24号(平成10年3月) 目次
1.橘湾におけるChattonella antiqua の発生予察の可能性
2.種苗生産中に発生したエピテリオシスチス類症によるマゴチPlatycephalus sp. 稚魚の大量死
3.アルビノマダイ仔魚の摂餌,成長および生残に及ぼすワムシ給餌密度の影響
 4.(技術情報)
  LHRHaコレステロールペレットを用いた養成トラフグからの採卵について
 5.(博士学位論文)
  交雑フグの初期形態(「トラフグ属の交雑フグに関する研究」の未発表部分)
 6.(博士学位論文)
  対馬沿岸におけるサザエの資源生物学的研究
 7.(博士学位論文)
  アワビ・サザエ素潜り漁業における資源管理に関する研究 



このページの一番上に戻る▲

Copyright(C)2005 長崎県総合水産試験場 All rights reserved.