Nagasaki Prefectual Institute of Fisheries 長崎県総合水産試験場 愛称:マリンラボ長崎

 トップページ>試験研究情報(平成21年度) サイトマップ

施設紹介
情報サービス
ニュース
試験研究評価システム
漁海況情報
試験研究情報
各種申請書等
魚の開き方教室
事業報告
マムパーク
水産関係リンク
〒851-2213
長崎市多以良町1551-4
TEL.095-850-6293
FAX.095-850-6324
info@marinelabo.naga
saki. nagasaki.jp



長崎県総合水産試験場携帯情報
こちらのQRコードをバーコードリーダー機能付きの携帯で撮影すると携帯サイトへジャンプします。
対応できない機種もございますので、ご了承ください。
http://www.marinelabo.nagasaki.
nagasaki.jp/mobile/
 
試験研究情報

 このコーナーでは、総合水産試験場で行っている調査研究について、概要をわかりやすくお知らせしています。これまで掲載していました調査研究の話題につきましては、ニュースのコーナーで「最近の主な成果」などに掲載しておりますのでご覧ください。
  データの一部はPDFファイルとなっています。


これらのデータは無償のAcrobatReader(ダウンロードはこちらから)で利用することが可能です。

平成21年度試験研究概要
 漁業資源部 
海洋資源科 地域型資源管理予測技術開発 経常研究
沿岸漁業開発調査 経常研究
漁海況情報提供強化事業 経常研究
資源回復計画作成推進事業 行政要望
イカ釣り水中灯試験 行政要望
ごち網漁具の改良 行政要望
しいら漬けまき網によるマグロ種苗採捕試験 行政要望
海砂採取海域及びその周辺海域の比較調査 行政要望
資源評価調査 受託研究
日本周辺高度回遊性魚類資源調査委託 受託研究
大型クラゲ出現調査事業 受託研究
栽培漁業科 磯根生産性向上技術開発 経常研究
沿岸性高級魚類栽培技術展開 経常研究
資源を育む長崎の海づくり 行政要望
ヒラメ資源回復共同放流推進事業 行政要望
大村湾サザエ成熟調査 行政要望
最適放流手法を用いた東シナ海トラフグ資源への添加技術の高度化 受託研究
再生産の向上を目的としたアワビ類の資源管理・増殖技術の開発 受託研究

 種苗量産技術開発センター 
魚類科 第2期魚介類種苗量産技術開発 経常研究
新魚種種苗生産技術開発研究 経常研究
マグロ類の人工種苗による新規養殖技術の開発 受託研究
介藻類科 重要貝類種苗生産基盤技術開発 経常研究
温暖化に対応した藻類増養殖技術開発 経常研究
諫早湾における貝類の持続的な生産に向けた技術開発研究 経常研究
高品質真珠生産確保促進対策事業 行政要望
新生海の森づくり総合対策事業 行政要望
本邦南西水域の環境変化に対応した藻場の
回復・拡大技術の高度化
受託研究

 水産加工開発指導センター 
加工科 県産冷凍すり身の新たな製法とその利用法の開発
(県内資源を活用した加工食品の開発)
戦略プロジェクト
イカ肉の高度有効利用に関する研究 連携プロジェクト
水産加工原料確保のための新原料開発 経常研究
水産物流通加工技術強化支援事業 経常研究
血合肉褐変防止技術を基盤とする国際競争力の推進と
海外市場展開
受託研究
魚介類の出荷前蓄養と環境馴致による高品質化システム
技術開発
受託研究

 環境養殖技術開発センター 
漁場環境科 内湾漁場環境評価・改善手法開発事業 経常研究
有害赤潮プランクトン等監視調査事業 経常研究
有明海粘質状浮遊物原因究明・予測手法開発事業 行政要望
養殖技術科 養殖安定化技術開発試験 経常研究
養殖疾病総合対策事業 経常研究
魚類養殖多様化推進事業 行政要望

 ※事業種類の説明
  ・経常研究:総合水産試験場でテーマを設定し取り組む調査研究
  ・戦略プロジェクト:科学技術振興局で県政の課題や県内産業等のニーズに的確に対応するために
            戦略的な視点から取り組む調査研究
  ・連携プロジェクト:科学技術振興局で採用される他の県研究機関等と連携して取り組む調査研究
  ・特別研究:科学技術振興局で採用される他の研究機関等と共同して取り組む調査研究
  ・行政要望:行政機関から依頼を受けて取り組む調査研究
  ・受託研究:国等の外部から委託を受けて取り組む調査研究

平成20年度の試験研究情報
平成19年度の試験研究情報
平成18年度の試験研究情報
平成17年度の試験研究情報
平成16年度の試験研究情報



このページの一番上に戻る▲

Copyright(C)2005 長崎県総合水産試験場 All rights reserved.