Nagasaki Prefectual Institute of Fisheries 長崎県総合水産試験場 愛称:マリンラボ長崎

 トップページ>試験研究評価システム サイトマップ

施設紹介
情報サービス
ニュース
試験研究評価システム
漁海況情報
試験研究情報
各種申請書等
魚の開き方教室
事業報告
マムパーク
水産関係リンク
〒851-2213
長崎市多以良町1551-4
TEL.095-850-6293
FAX.095-850-6324
info@marinelabo.naga
saki. nagasaki.jp



長崎県総合水産試験場携帯情報
携帯サイトへはこちらの二次元バーコードからジャンプできます。
対応できない機種もございますので、ご了承ください。
http://www.marinelabo.nagasaki.
nagasaki.jp/mobile/
 
試験研究評価システム


1.試験研究評価システム(外部評価制度)の導入について

  • 当総合水産試験場では、水産業の発展に貢献していくため、さまざまな試験研究を行っていますが、県民や業界のさまざまのニーズに的確に対応し、県研究機関としての役割を果たしていくためには、幅広い意見を求めるとともに、試験研究内容を県民に明らかにし、客観的かつ厳正な評価を受けることが必要です。
  • このため、平成12年度から実施していた「内部評価システム」に加え、外部の専門家などの第三者により評価を行う「外部評価制度」を平成14年度から導入しました。
  • 平成15年4月に県内7つの研究機関を統括する科学技術振興課が設置されたことに伴い、統一した新たな評価システムを導入しました。
  • 平成18年度から政策評価制度が条例化されたことから、評価システムが変わりました。(詳しくは、科学技術振興課 研究事業評価委員会ページをご覧下さい。
長崎県産業労働部産業技術課 研究事業評価委員会ページ
http://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/shigoto-sangyo/sangyoshien/hyouka/


2.試験研究評価システムの概要

この評価システムは、新たな研究課題の選定評価や研究推進の助言を行う「研究推進委員会」と、研究機関自体や研究課題の進み具合、成果等を評価する「評価委員会」で構成されています。
研究推進委員会
複数の県研究機関が共同で行う「連携プロジェクト研究」等に関する「研究推進委員会」と水産、農業など分野ごとの「分野別研究推進委員会」があります。
分野別研究推進委員会(水産分野)では、総合水産試験場のすべての研究を評価の対象とし、次に掲げる事項を行います。
  • 次年度の新規研究テーマ選定のための評価、磨き上げと実行計画にたいする助言
  • 実施中の研究テーマの進捗に関する助言及び方針変更に対する助言
  • その他の研究の推進に必要な助言
  • 評価は、「内部評価」を行った後、「外部評価」を行います。但し「機関評価」は「外部評価」のみです。
課題評価委員会
複数の県研究機関が共同で行う「連携プロジェクト研究」等に関する「課題評価委員会」と水産、農業など分野ごとの「分野別課題評価委員会」があります。
分野別課題評価委員会(水産分野)では、総合水産試験場のプロジェクト研究、特別研究、経常研究の厳正な評価(中間評価、事後評価)を行います。
分野別機関評価委員会(水産分野)
総合水産試験場の試験・研究、技術サービスの成果及び研究業務と技術サービスのバランス(均衡、重み付け)、管理体制、人材配置、予算、人材交流、対外発信、知的所有権、成果普及などすべての活動状況の視点から、全体業務の成果等について評価を行います。

詳しくは、科学技術振興課研究評価ページをご覧下さい。
評価システムの詳細や各委員会の構成メンバー、評価結果などをご覧いただくことができます。

長崎県産業労働部産業技術課 研究評価ページ
http://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/shigoto-sangyo/sangyoshien/hyouka/

このページの一番上に戻る▲

Copyright(C)2005 長崎県総合水産試験場 All rights reserved.