Nagasaki Prefectual Institute of Fisheries 長崎県総合水産試験場 愛称:マリンラボ長崎

 トップページ魚の開き方教室>キビナゴ・イワシ サイトマップ

施設紹介
情報サービス
ニュース
試験研究評価システム
漁海況情報
試験研究情報
各種申請書等
魚の開き方教室
事業報告
マムパーク
水産関係リンク
〒851-2213
長崎市多以良町1551-4
TEL.095-850-6293
FAX.095-850-6324
info@marinelabo.naga
saki. nagasaki.jp



長崎県総合水産試験場携帯情報
こちらのQRコードをバーコードリーダー機能付きの携帯で撮影すると携帯サイトへジャンプします。
対応できない機種もございますので、ご了承ください。
 
魚の開き方教室
キビナゴ・イワシ

キビナゴ・イワシの開き方-1

キビナゴ・イワシの開き方-2
1 頭を包丁で落とす。(手でも良い)
2 腹を斜めに切り落とし、内臓を取る。

 
キビナゴ・イワシの開き方-3 キビナゴ・イワシの開き方-4
3 冷水又はボ−ルに張った水で洗う。中骨近くに残っている血など特に丁寧に洗う。(ボ−ルに張った水は2回位かえて)
4 中骨の上を尾の方に向かって親指の爪を立てるようにして(親指の腹は中骨の上を滑らせる)身を開く。
   
キビナゴ・イワシの開き方-5 キビナゴ・イワシの開き方-6
5 中骨の尾の付け根のところで身をそらせるようにしてポキッ折る。
6 左手で身を押さえながら、頭の方へ向かって身が骨に付いてこないように静かにはがす。
   
キビナゴ・イワシの開き方-7  
7 つみれやフライ等にはそのまま用いてもよいが、刺身や酢の物等に用いるときは腹側の黒い部分をすき取り、形を整える。
 
 

このページの一番上に戻る▲

Copyright(C)2005 長崎県総合水産試験場 All rights reserved.