Nagasaki Prefectual Institute of Fisheries 長崎県総合水産試験場 愛称:マリンラボ長崎

 トップページ魚の開き方教室>アワビ サイトマップ

施設紹介
情報サービス
ニュース
試験研究評価システム
漁海況情報
試験研究情報
各種申請書等
魚の開き方教室
事業報告
マムパーク
水産関係リンク
〒851-2213
長崎市多以良町1551-4
TEL.095-850-6293
FAX.095-850-6324
info@marinelabo.naga
saki. nagasaki.jp



長崎県総合水産試験場携帯情報
こちらのQRコードをバーコードリーダー機能付きの携帯で撮影すると携帯サイトへジャンプします。
対応できない機種もございますので、ご了承ください。
 
魚の開き方教室
アワビ

アワビの開き方-1

アワビの開き方-2
1 身にたっぷり塩をふって、たわしでよくこする。汚れを取るだけでなく、身をしめる働きもある。
2 冷水のなかで洗い、塩を落とす。アワビは冷やすとさらに身がしまる。

 
アワビの開き方-3 アワビの開き方-4
3 殻の薄い方から、身と殻の間に木べらをさし込み、ぐっと力を入れて貝柱をはずす。
4 殻からはずしたところ(身は裏側向き)。木べらをさし込むところは、わたが無いのでつぶす心配が無い。
   
アワビの開き方-5 アワビの開き方-6
5 身の裏側に付いているわたと、先端の黒い部分を切り取る。
6 まわりに付いているビラビラしたえんぺらも、アワビを少し浮かせるようにして包丁でそぎ取る。
   
アワビの開き方-7  
7 出来上がり。わたは、さっと湯でて酢の物にしたり、甘辛いいり煮などに。えんぺらは湯でて、みそ汁の実にすると美味。
 
 

このページの一番上に戻る▲

Copyright(C)2005 長崎県総合水産試験場 All rights reserved.